神戸大学大学院システム情報学研究科 計算科学専攻 協定講座

English 日本語 

協定講座
 システム情報に係る新規領域の創出に向けて,対象とすべき分野はますます多様化し,その裾野は確実に広がっていくことでしょう。そのため,システム情報学のコアとなるシステム・情報・計算に関わる学問体系を一研究科として整備することが必要であることは言うまでもありませんが,学際領域の教育研究を飛躍的に発展させるためには,これらコアの学問体系に加えて,各分野に特化した教育研究の充実が必要不可欠です。しかしながら,分野特化の教育研究を一大学の一研究科によって全てカバーすることは現実的ではなく,新しい教育の枠組みを構築する必要があります。
 そこで,他大学,他研究機関との連携を研究科の枠組みの中に組み込んだ構想としています。すなわち,システム情報学の対象となる各領域分野において卓越した教育研究実績を挙げている他大学大学院と共同で連携した教育システムを構築します。具体的には,本研究科の中に,京都大学,大阪大学,奈良先端科学技術大学院大学,筑波大学及び名古屋大学との協定書に基づき,それぞれの大学が有している教育リソースを総合的に活用できる枠組みを形成します。
 特に,将来にわたっての各領域分野の広がりに対応するとともに,全国の大学を対象とした人材養成に供するため,次世代スーパーコンピュータを利用する短期集中演習などの教育プログラムも設けることで,参画大学の拡充に対応可能な柔軟な連携教育制度を構築します。神戸大学工学研究科情報知能学専攻には,「先導的ITスペシャリスト育成推進プログラム」や「大学連合による計算科学の最先端人材育成」による大学間連携教育の実績があり,この経験を活用した連携教育プログラムの設計を図ります。





Cooperative Division, Department of Computational Science, Graduate School of System Informatics, Kobe University