神戸大学大学院システム情報学研究科 計算科学専攻 協定講座

English 日本語 

第2回協定講座シンポジウム

第2回協定講座シンポジウム
「計算科学 次代を担う若手の集い」


御来場頂きありがとうございました


日時: 2012年8月23日(木)
会場: 神戸大学 瀧川記念学術交流会館 2階 大会議室
    (神戸市灘区六甲台町1-1 神戸大学六甲台第2キャンパス)
    http://www.kobe-u.ac.jp/guid/access/rokko/rokkodai-dai2.html
参加費: 無料 (懇親会会費: 1,000円)

 神戸大学大学院システム情報学研究科協定講座は京都大学・大阪大学・奈良先端科学技術大学院大学・筑波大学・名古屋大学の5大学との連携によって構成された組織です。協定講座シンポジウムは、主にこれらの大学間における研究交流を活性化させる目的で、テーマを変えながら開催していきます。
 第2回目は、修士学生による発表を中心とする研究会を行います。これは、優秀な学生に、良い発表機会と同年代の学生との交流の場を早めに提供することで、研究をエンカレッジすることを目的としています。
 みなさまの積極的なご参加と活発な議論をお待ちしております。

プログラム

14:10 開会

14:15~14:45 西田泰大 (神戸大)
「太陽磁場の起源解明を目指した球ジオメトリ用マルチグリッド法ポアソンソルバー」

14:45~15:15 中野大輔 (NAIST)
「バグモジュール予測を用いたテスト工数割り当て戦略」

15:15~15:30 (休憩)

15:30~16:00 内藤良平 (名古屋大)
「電子状態計算に現れる固有値問題へのQZ法の応用」

16:00~16:30 秋山拓斗 (京都大)
「GPUによる逆反復法の高速化について」

16:30~16:45 (休憩)

16:45~17:15 祖平明夫 (筑波大)
「ノイズ画像に対する複素モーメントを用いたエッジ検出」

17:15~17:45 小間洋和 (大阪大)
「ベイズ推定における事前分布の再考」

17:45 陰山聡 (神戸大)
「科学を志す人たちへのメッセージ」

18:00~ ポスターセッション

「電子構造計算に現れる中間固有値問題の数値解法」
 ○李東珍 (名古屋大)

「多項式固有値問題に対する数値解法」
 ○長谷直哉 (名古屋大)

「多角形パッキング問題における新手法の提案」
 ○椎橋祐太 (名古屋大)

「配送計画問題に対するデータベース付きメタ戦略」
 ○棚橋優 (名古屋大)

「 totally nonnegative 行列の最小固有値の下界について」
 ○山下巧 (京都大)

「compact WY表現を用いた直交化法の計算量を削減する実装と逆反復法への適用について」
 ○石上裕之 (京都大)

「下3重対角行列の特異値計算法を加速するシフト戦略について」
 ○荒木翔 (京都大)

「Javaソフトウェア開発における使用ライブラリの分析」
 ○砂田隆浩 (NAIST)

「バグ予測のためのソフトウェアモジュール分類」
 ○盛慎 (NAIST)

「没入型バーチャルリアリティ装置における3次元音響の活用」
 ○守本敏明 (神戸大)

「QR分解の並列計算における自動チューニングの検討」
 ○深谷猛 (神戸大)

「非直交同時対角化アルゴリズムのキャッシュ向け最適化」
 ○廣田悠輔 (神戸大)

「ある在庫管理問題に対する分枝限定法の高速化 −部分最適解を使った緩和問題の適用−」
 ○工藤周平 (神戸大)

「ブロックヤコビ法を用いた固有値問題の計算の並列化」
 ○高橋佑輔 (神戸大)




Cooperative Division, Department of Computational Science, Graduate School of System Informatics, Kobe University